« 2010年5月1日オープン | トップページ | アルプスあづみのセンチュリーライド »

2010-06-02

自転車シミュレーター

 ドライビングシミュレーターは知っていたが、自転車のシミュレーターもあるなど全く知らなかった。

 エコな乗り物として自転車が注目を浴び、事故も増加したからだろう。

 この自転車シミュレーターで安全運転の勉強にと開発されたのだろう?でも安全運転の勉強の企画何処でやっているのだろう?何処に行けば安全運転の勉強ができるのだろう?

 自転車シミュレーター使い交通安全教室 -- 福島県内ニュース -- KFB福島放送
自転車シミュレーター使い交通安全教室 -- 福島県内ニュース -- KFB福島放送
posted by (C)群馬サイクリング道

 県内の指定自動車教習所で初めて自転車シミュレーターを導入した平中央自動車学校はきのう、いわき市平の同校で高校生を対象にした自転車シミュレーター交通安全教室を初めて開いた。

装置は自転車にパソコンが接続され、ペダルを漕(こ)いだり、ハンドルを操作したりすると、自転車の前方に設置された画面の映像が移り変わり、運転を疑似体験できる。

県内では県交通安全協会にも導入されている。

 
Honda-安全運転教育用「Honda自転車シミュレーター」を発売2009-10-15
Honda-安全運転教育用「Honda自転車シミュレーター」を発売2009-10-15
posted by (C)群馬サイクリング道

安全運転教育用「Honda自転車シミュレーター」を発売より引用

Hondaは、安全運転教育用「Honda自転車シミュレーター」を2010年2月より販売する。自転車を運転する際に起こりうる危険を安全に体験することで、危険予測能力や安全意識の向上をはかり、体験後の解説等により交通ルールとマナーを楽しく学ぶことができる。主に小中学生や高齢者向けに自転車教育を実施している官公庁や警察関係機関、教習所、学校等への普及を目指す。なお、受注は今年11月より開始する。

 近年、交通事故死者数は減少しているものの、自転車事故による死者の比率は増加傾向にある。特に10代・50代以上の自転車事故が多く、原因の約7割は交通ルール違反である。

 Hondaは、1964年より培ってきた安全運転普及活動のノウハウを活かし、実際の交通状況を想定しながら危険を安全に体験できる安全運転教育機器として1996年より二輪車、2001年より四輪車のシミュレーターを販売しており、危険予測能力や安全意識の向上に向けた展開をしている。今回、豊かなモビリティ社会の実現を目指し、より多くの方に役立つ教育教材として「Honda自転車シミュレーター」を開発した。


今までの自転車教育にプラスして活用できる教材
今までの自転車教育にプラスして活用できる教材
posted by (C)群馬サイクリング道

今までの自転車教育にプラスして活用できる教材-2
今までの自転車教育にプラスして活用できる教材-2
posted by (C)群馬サイクリング道


 




あなたのブログを登録しよう!





|

« 2010年5月1日オープン | トップページ | アルプスあづみのセンチュリーライド »

@ニュース」カテゴリの記事

@イベント」カテゴリの記事

@自転車」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自転車シミュレーター:

« 2010年5月1日オープン | トップページ | アルプスあづみのセンチュリーライド »