« 久比岐自転車道看板設置 | トップページ | 節約の参考に! »

2010-04-02

電気自動車40台導入

 電気自動車も色々種類がありどんな車種が増えるだろう?

 バッテリーのタイプも色々ある、燃料電池・蓄電池・太陽光電池・核電池…など

 電池には耐用年数があるのだが将来電気自動車も増えれば電池の処分も困りものだ再利用できるエコ電池なら良いが、そうでなければどうするのだろう心配だ。

 しかし、化石燃料も後35年ぐらいで枯渇するでしょうからスローな対応も出来ない現状で後世にこの問題を託すしかないでしょうね!

 現状では、電気自動車の普及に努めるしか手立てが無い政府のようである。

 自動車社会からの離脱という手もあるが、一度手に入れた便利品はそうは手放せないのが世の人である。

 

 チョット面白い話…水エンジンはご存知でしょうか?理論的に分かるが物理的に少々無理な夢のエンジンです。

 水蒸気エンジンと似てますが発想が全く事なります。

 簡単に説明すると、水蒸気爆発はご存知ですね、その爆発の力(爆弾並みのエネルギー)でエンジンを動かす物です、これだけ聞くとすごいですが水蒸気爆発を起こすためのエネルギーは何処から持って来るのか?そこまで考えた効率はどのくらいか?と少々疑問も多いが、水だけで走ればまさに夢のエンジンです、誰か発明してくれないでしょうか?

 
 
日本郵政グループ/2009年度に電気自動車40台導入より引用

日本郵政グループは3月31日、「日本郵政グループ社会・環境レポート」を発表した。

この中で、環境負荷削減の取組としては、郵便事業会社の全国の支店・集配センターで、車両の燃料使用量の減少とCO2の排出削減のため「エコ安全ドライブ」運動を展開した。

2009年度から一般業務用、営業用車両に電気自動車40台の導入を開始し、郵便業務用の電気自動車を開発するため、集配用ガソリン車のエンジンをモーターと電池に置き換えた改造電気自動車を製造して実証実験を行っている。


 
 日本郵政グループ/2009年度に電気自動車40台導入
日本郵政グループ/2009年度に電気自動車40台導入 posted by (C)群馬サイクリング道

 昨今、電気自動車の普及で将来バッテリーの処分問題は解決済みでしょうか?


 








|

« 久比岐自転車道看板設置 | トップページ | 節約の参考に! »

@レポート」カテゴリの記事

@ニュース」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電気自動車40台導入:

« 久比岐自転車道看板設置 | トップページ | 節約の参考に! »