« 充電施設を備えた駐輪場 | トップページ | 難病「ニーマン・ピック病」 »

2010-03-17

消費生活用製品安全法(消安法)

 最近、自転車のハンドルが取れて事故が起きた場合(自己責任による過失)と違い、この事故の要因は不良品(設計・製造での不良)による事故のようで記事に書かれているように「消費者庁」へ報告義務がある問題のある事故なのにメーカー名や車種を記載されていないのは不思議である。

外国製自転車:前輪破損で重傷 輸入業者、国に報告せずより引用

消費者庁によると、08年8月、茨城県内で同社輸入の自転車に乗っていた男性が、前輪部分の破損で転倒し重傷を負う事故が発生。
直後に事故を把握していながら、同社は消費者庁が指摘した今月12日まで報告していなかった。同社は消費者庁に対し「事故の報告制度について知らなかった」と説明しているという。


20100317_015229_741










|

« 充電施設を備えた駐輪場 | トップページ | 難病「ニーマン・ピック病」 »

@ニュース」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 消費生活用製品安全法(消安法):

« 充電施設を備えた駐輪場 | トップページ | 難病「ニーマン・ピック病」 »