« 輪行袋おすすめ | トップページ | 飛行機まるごと体験 »

2010-02-06

Puppy Linuxにいて

 一般にPuppy Linuxはマイナーだが、どうしてこのOSを使うか?
まず最初に一言ことわっておくが私はどちらかと言えばパソコンが苦手だ、コマンドライン入力は苦手で英語の単語なんで20個ぐらいしか知らない小学生レベルである。
 だが、どうして「Puppy Linux」を使うのか、どうして「WENDOWS」ではないか、簡単に使える「OS」でないわけで、Puppy Linux 《》 WENDOWS、ほとんどの場面でWENDOWSが使いやすい?WENDOWSには、使いたい「ソフト」が沢山ある。
 他人が手にいれることが出来ない「ファイル」がWENDOWSのソフトで簡単に手に入る、それがまるで自分の実力で手に入れているような錯覚がする、そのファイルが自分にとって重要か?分からない状態で、ただ他人より優位にたつためにだけの優越感で使っている現状、自分にとってどれだけ重要かすでに判断も出きないで使い続ける、まるで麻薬である、そんな「OS」を使い続け廃人になっても遅い気がする、だから現状では使いたい時に使いたいOSを使い、WENDOWSとかLinuxとかの観念はない。
 私にとってのパソコンは道具の一つであり、使いこなすのは我が自信なのです。
 
 さて前置きはこの辺で、Puppy Linuxを使いたいがどうもWENDOWSとは違い敷居が高いような気がするが、そう思うなら使わない方が良いだろう、あなたに使い勝手が悪い印象があれば、どんなに優れたものでもそうは思わないものだからだ、今話題のウイルス「ガンブラー」は、暗号技術か進化して暗号解読に現状で100億年かかるものを人間のチャームポイントをつくことで容易に達成しているのです、多くのWeb管理者は、他人と自分とでは、当然自分が優位な立場にあると錯覚している現状、そのゼロ盲点を掲示しているだけのウイルス「ガンブラー」、パソコンに振り回されているのが現状でしょう。

 結果を言うなら、使えないOSなら使う必要がなく、使いたいOSを自分で選べは良いことです、あえて使いにくいOSを私はおすすめしませんし、皆さんも「パソコンは道具の一つであり、使いこなすのは我が自信なのです」使えこなせないなら使わない方が懸命でしょう?

 以上


これ一冊でLinuxディストリビューションが全部使える本Bookこれ一冊でLinuxディストリビューションが全部使える本


著者:福田 和宏

販売元:ソーテック社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


Linux Perfect Vol.3 (INFOREST MOOK PC・GIGA特別集中講座 329)BookLinux Perfect Vol.3 (INFOREST MOOK PC・GIGA特別集中講座 329)


販売元:インフォレスト
Amazon.co.jpで詳細を確認する


|

« 輪行袋おすすめ | トップページ | 飛行機まるごと体験 »

@レポート」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Puppy Linuxにいて:

« 輪行袋おすすめ | トップページ | 飛行機まるごと体験 »