« 2月6日(土)に | トップページ | 国土交通省報道発表資料より »

2010-02-05

加悦岩滝自転車道線

 KTRトレインオーナーに1口だけですが賛同したので、北近畿タンゴ鉄道が気になり自転車道を検索してみると近くに「加悦岩滝自転車道線」があるようで、ここで紹介してみます。

参考マップ…加悦岩滝自転車道線

京都府 > 道路・交通 > 道路建設課 > 加悦岩滝自転車道線ページより引用

加悦岩滝自転車道線は旧加悦鉄道跡地や河川堤防を利用した自転車歩行者専用道路です。
ほとんどが見通しのよい直線と緩やかなカーブですので安全性、走行性に優れていますが、所々に車道との交差点や急カーブがありますので、くれぐれもスピードの出し過ぎや車道の横断に注意して快適なサイクリング、ウォーキングをお楽しみ下さい。

    * 路線名/府道加悦岩滝自転車道線
    * 起点/与謝郡与謝野町滝
    * 終点/与謝郡与謝野町岩滝
    * 道路延長/約12キロメートル 幅員/3メートル

 


リフレかやの里

ハーブ漂う温泉でリフレッシュ
清々しい緑豊かな田園に広がる「食と健康」のテーマパークです。周辺に植栽されたハーブでの体験加工などが楽しめます。またハーブ湯、絹湯などの入浴場もあり、レストランや宿泊施設も完備されています。
自転車で約12分
電話:0772-44-3111
場所:与謝郡与謝野町金屋


加悦SL広場

見ても、乗っても楽しいSLワールド
昔懐かしい機関車などが20両以上も展示されています。
とくにSL「2号機関車」は明治6年、イギリスで製造された日本では2番目に古い機関車です。駅舎の入口には鉄道をテーマに、ここでしか買えない、色々なグッズが揃っています。
電話:0772-42-3186
場所:与謝郡与謝野町滝


加悦町古墳公園

1600年前の古代へタイムスリップ
復元された「蛭子山古墳」、「作山古墳」を中心に平成4年に完成した「歴史公園」です。また、公園内にある「はにわ資料館」ではこの一帯で出土した縄文、弥生時代の遺物が展示されており古墳づくりなどの映像も観賞できます。
自転車で約9分
電話:0772-43-1992
場所:与謝郡与謝野町明石


加悦工芸の里

工芸作家らのアトリエが点在する工芸の里
工芸の技を受け継ぐ後継者を育てるとともに、来訪者の方々に伝統文化に触れていただくことを目的に開村されました。染織(夢織工房)、ガラス工芸(アートくり)、木工(どん工房)、七宝焼き(カフェ工房)などが体験できます。予約が必要です。
自転車で約12分
電話:0772-43-2119
場所:与謝郡与謝野町金屋 他


出雲大社巌分祠

良縁・万病治癒、大神と清水
朱塗りの柱の貴宝殿に祀られているのは「大黒様」としておなじみの大国主大神です。また、切り開いた山をご神体とした白雲宮の奥に湧く清水は万病に効く「御神水」として知られ、その御利益を願って多くの方が訪れます。
自転車で約8分
電話:0772-42-6211
場所:与謝郡与謝野町三河内


野田川町フォレストパーク

ローラー滑り台も人気の森林公園
山の斜面を活かした加悦谷盆地を一望できる森林公園で、多くの人の憩いの場となっています。ローラー滑り台も人気で、またパークの高台には百人収容の音楽ホールを備えた宿泊、研修施設「京都府野田川ユースセンター」もあります。
自転車で約7分
電話:0772-42-4411
場所:与謝郡与謝野町三河内


クアハウス岩滝

心と身体のリラクゼーション
多種多様な入浴設備、トレーニングルーム、運動浴の温泉プール、AVルームなども完備されています。温泉と運動を楽しみながら健康づくりに活用するために、日本古来の温泉浴法にドイツの近代的温泉浴法をミックスした未来型の多目的温泉保養館です。
自転車で約13分
電話:0772-46-3500
場所:与謝郡与謝野町岩滝


大江山連峰

絶景を誇る鬼退治伝説の連峰
標高833メートルの千丈ヶ嶽を中心とした約8キロメートルも続く連峰の総称で、鬼退治の伝説では全国的にもよく知られています。大江山憩いの広場双峰公園からは加悦谷平野を眺望できます。
自転車で40分以上(連峰山上)
場所:与謝郡与謝野町与謝


|

« 2月6日(土)に | トップページ | 国土交通省報道発表資料より »

@計画」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 加悦岩滝自転車道線:

» 加悦岩滝自転車道線 [輪行マップ]
 東京を06:50出発で野田川駅11:38到着です、午後からゆるりとサイクリングして日が暮れる少し前に天橋立駅に到着するでしょうか?時間のある方は、京都府野田川ユースセンターで泊ま... [続きを読む]

受信: 2010-02-05 17:17

« 2月6日(土)に | トップページ | 国土交通省報道発表資料より »