« ペダリングを考える | トップページ | 自転車道網700キロ構想 »

2010-02-10

サドルのセッテイング

 サドルのセッテイングは、平行が基本と言われるし、雑誌や展示の自転車どれをとっても平行だが…?。

 自転車乗りは他の人より「前立腺ガン」にかかりやすく注意が必要です、実際にプロの選手もなっていることは事実であ。

 「前立腺ガン」の原因は、詳しく調査されていないが明らかにサドルが原因である、前傾姿勢の状態でペダリングすると必然的にサドルと股間の部分が激しく接触する、ママチャリで鼻歌歌いながらのペダリングなら体が垂直状態で、椅子に座っている状態で(乗馬姿勢)でこちらは反対にサドルが水平のほうが都合が良い、何故なら乗馬の鞍を創造して下さい。

 サドルは軽量化とデザインからサドルに座ってスポーツのできる代物ではありません、体とデザインどちらを重視すべきか全く理解出来ていない消費者です。

 これは、消費者の無知としかいえない、もっと消費者は健康のために知識を身につけ生産者側に良い製品を作る道筋を作らなければならない。

 自転車の話ではないが、ある例でリンゴの話がある。

 皆さん近年健康ブームで有機野菜や無農薬野菜を積極的に摂取しているが、ある農家の組合が健康ブームもありこの路線でリンゴ生産をしようと市場調査をしたが、結果、無知な消費者な現状で無農薬のリンゴが販売できない事が判明して無農薬での生産を断念した。

 この組合の人たちも何回か講習会を開き消費者の方に無農薬のリンゴの良さを説いてたが、ことごとく駄目だったようです。

 講習会で無農薬のリンゴの良さを聞いていた消費者の殆どの方が無農薬のリンゴの良さを理解していただいた雰囲気であったのだが、講習会終了してお土産のリンゴを持って帰ってるに辺り「無農薬の見た目ごつごつしたリンゴ」「見た目がみずみずしく美味しそうなリンゴ」が用意され消費者が持ち帰ったリンゴは、なんと9割以上が後者のリンゴで主催者側も唖然である、あたかも理解できた消費者なのだが、全く理解出来ていない消費者であり、生産者側も消費者のニーズに合わせて今では殆ど店頭から無農薬のリンゴを見ることは無い。

 サドルもリンゴと同じで、頭で分かっていてもいざ行動する段階で、反対の行動をとってしまうのが現状なので「サドルのセッテイングは、平行が基本」は変わる事は永遠ないでしょうが一言言っておきたい心境である。

 したがって、「ガン予防」の現状は、「サイクルパンツ」と「サドルカバー」である。

 出来れば両方使ってもらいたい、両方とも股間の摩擦を軽減するものだが役割が少し違うからだ。

 サイクルパンツはクッション素材により衝撃を抑えて体を保護するのだが、サドルカバーの方はパンツとサドルの摩擦係数を減らし刺激を低減する役割だから両方使ってほしい。

 個人的には、「サイクルパンツ」は使ってほしいし、少々気に入っている何故なら、サイクルパンツの殆どがサポータパンツのようにある程度体を締め付けて体をサポートする代物でこの締め付け具合が良いのと、股間部分のクッション材が輪行での電車移動時の「田舎の駅で見かける小さい座布団」と同じ役割を果たしてくれて、個人的に気に入ってます。

 サドルカバーは見た目良くないので無理にとは言いませんが、両方使っていただきたい。

 さて、最後に付加えておくが、無理におすすめしませんが「サドルのセッテイングは気持ち前下がり」でお願いします。

 


 
【定形外郵便OK】大人気!吸汗速乾!お尻が痛くなりにくいゲルパッド付。MCN SPORTS [2010年モ...


【定形外郵便OK】深い前傾姿勢のライディングポジションに最適ゲルパッドの位置を移動。MCN SPO...



ESSS スポーツサドル用ジェルサドルカバー


遠征時の必須アイテムサドルカバー 自転車競技用 【あす楽対応_東北】【あす楽対応_関東】【...

|

« ペダリングを考える | トップページ | 自転車道網700キロ構想 »

@レポート」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サドルのセッテイング:

« ペダリングを考える | トップページ | 自転車道網700キロ構想 »