« GPSの進化? | トップページ | ネットでGPSロガー活用 »

2009-12-20

GPSロガー活用のはじめに

 GT-730F/L はノートPCとの組み合わせで屋外での位置計測に最適。

 デジカメで撮った写真に位置情報を追加したり、付属のソフトで移動した距離・スピード・高度を分析したり、地図ソフトに移動した軌道を表示したり、ルートラボのサイトでGPSデータをルートとしてインポートし、編集、公開し情報の共有が出来ます。

●特徴
・ GPSロガー最廉価
・ 高感度-160dBmでUSB延長ケーブル不要
・ A-GPS対応でフィックスまでの時間を大幅短縮
・ GPSチップSkyTraq Vanus 5採用54チャンネル
・ 超小型でスタイリッシュ (大きさ 73.5mm×27mm×10mm)
・ データはGoogle Earth、Google Mapに表示
・ USB接続(USB2.0インターフェース)
・ウェイポイン256,000点
・ 8MBフラッシュメモリ

●仕様

<一般>
GPSチップ Skytraq Venus 5
チャンネル 54チャンネル
周波数 L1,
Datum WGS-84
<パフォーマンス>
位置精度 5m (CEP)
感度 -155dBm (補捉時)
-160dBm(トラッキング時)
-147dBm(コールドスタート時)
コールドスタート 30秒
ホットスタート 1秒
更新レート 1Hz
最大速度 515m/秒
最大高度 18,000m以下
加速 最大4G
加加速度 最大39.2m/秒2
出力形式 NMEA-0183 V3.01
GPGGA, GPGLL, GPGSA, GPGSV, GPRMC, GPVTG, GPZDA,
ボーレート38400 , 8, N, 1
ログ  256,000点
<環境・外観・電源>
サイズ 73.5(L) X 27(W) X 10(H)mm
重量 18g
動作温度 -40℃~85℃
湿度 5~95%
消費電力 <42mA(1Hz standard version)
入力電圧

3.8-8V DC

OS Windows XP/vista
 

※本体にバッテリーは内蔵しておりません。 使用の場合は電源を供給する必要がございます。

 

 ※「精度」「衛星捕捉」の数値は、多くの場合GPSチップメーカーが公表している数値を各GPSメーカーがそのまま採用しています。
GPSDGPSでは各GPSメーカー公表値をそのまま採用していますが、実際には内蔵されているアンテナ、構造的ノイズ、
環境等により数値は異なります。GPSDGPSが、どのような環境においてもこの数値を保障するものではありません。

|

« GPSの進化? | トップページ | ネットでGPSロガー活用 »

@持ち物」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GPSロガー活用のはじめに:

« GPSの進化? | トップページ | ネットでGPSロガー活用 »