« ルイガノ LGS-MVS-R | トップページ | ルイガノ LGS-MV 3F »

2009-10-25

最近使用中の輪行袋

2003年に発売されて以来、大ヒット中のアイデア輪行袋。前輪をはずすだけで収納できる輪行バッグはたくさんありますが、このバッグはさらに後輪で転がして運ぶこともできます。

【オススメ品】TIOGA(タイオガ) コクーン ブラック 【オススメ品】TIOGA(タイオガ) コクーン ブラック

販売元:ナチュラム 楽天市場支店
楽天市場で詳細を確認する

アウトドア&フィッシング ナチュラム

 最近は、ミニベロとTIOGA(タイオガ) コクーンでコロコロ輪行しています。

輪行移動中は下の写真のようにして固定しています。

輪行中の電車の中

Imgp5097

駅のホームにて

Imgp5094

下の写真のように立てて手で支えながらコロコロ転がして移動します。

Imgp5095

 

バス輪行で一番後ろの席の足元にスッポリと収まっていてベストなポジションです。

Imgp5314

 折りたたみ自転車とミニベロでの輪行中の共通点と相違点は多少ありますが、市販の輪行袋だけでは不都合が多く特に電車の中で固定方法が大変重要です。

 何故なら電車が急停車した場合(輪行中での経験は無いが通勤電車では数回有る)しっかり固定していなくては、10キロの鉄のかたまりが人にあたれば大怪我をします、しかし私が遭遇した輪行中の人は殆どが電車の中で壁に立てかけたり手で持っているだけです、中には電車のブレーキングで必死に手で押さえていた人がいましたがサイクリング前に無駄な体力を使っていて気の毒でした。

 これがどれだけ危険か知る人はいないでしょうが、考えるだけで背筋が凍りつきます、ですから電車の中ではしっかりと固定してください、それがあなたの義務です。

 コロコロ転がしての移動では、1輪よりは3輪の方が安定していて楽ですがスタイル的にはTIOGA(タイオガ)輪行袋の方が良いようです。

折りたたみ自転車はコンパクトで新幹線の車両最後部の席の後ろにスッポリと収まり足元に置いても大丈夫かな?やはり輪行は折りたたみ自転車が便利かと思いますが、ミニベロの輪行では幅が折りたたみ自転車の半分ぐらいなので上の写真のように隙間に置いたり通路の脇に置いたりと折りたたみ自転車に置けない所に置けるので工夫すれば困りません。

 

 

|

« ルイガノ LGS-MVS-R | トップページ | ルイガノ LGS-MV 3F »

@持ち物」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最近使用中の輪行袋:

« ルイガノ LGS-MVS-R | トップページ | ルイガノ LGS-MV 3F »