« 観光用自転車使わない手はナイ! | トップページ | 「おくりびと」ロケ地と「天地人」縁の地… »

2009-03-26

「おくりびと」ロケ地をレンタサイクリングで

おトクなきっぷ土・日きっぷ (新幹線、特急、自由席が2日間乗り放題!)200%活用術

レンタサイクリングで考える

酒田往復 27,380円
土・日きっぷ 18,000円
差額 9,380円
活用率 150%
目標 もう少し

内容:
今話題の映画「おくりびと」アカデミー賞外国語映画賞受賞。
 そのロケ地である「酒田市」、ニースでも(2009年3月26日 読売新聞より引用)「おくりびとツアー 庄内に続々」
 との報道、この機会に映画をご覧になってからロケ地におもむくと良いが、ロケ地散策にはやはり「自転車」ではあるが、なんと酒田観光物産協会では、市内観光を楽しんでいただくために、「観光用自転車」を無料で貸し出しているようで、これを活用するしかありません。

 新幹線を使えば東京出発で午前中に到着して、「観光用自転車」で観光して日帰りでもヨシ!、泊まりでもう少しブラブラしてもヨシ!の計画である。

 続きも読んでシッカリと計画を立てよう。


おくりびと

おくりびと

おくりびとHOME>おくりびとTOP>プロダクションノートより引用

おまけ映像(116MB)

◎ロケハンとセットの構築

   

本作の舞台は、納棺協会の支局があり、また庄内平野という風土が題材的にもしっくりくるなどの理由で、早くから山形県酒田市に決定しており、滝田監督らスタッフは撮影にふさわしい場所を求めてロケハンの旅が始まった。そのポイントは“やがて滅びゆくもの”。そこで銭湯など、ある種現代から取り残されたように寂しく、しかしだからこそ温かい、そんな場所が次々と候補に上っていった。
    大悟の実家やNKエージェントの外形などは、映画にふさわしい立地条件を考慮しつつ、そこにあった廃屋を改造し、その中は東京の日活撮影所内にセットを組んで撮影することになった。大悟の実家に関しては、かつて父がジャズ喫茶を経営し、その後で母が居酒屋を営んでいたという経緯がわかるような不思議な内装。NKエージェントは、普通の事務所ではあるが、棺桶がどんと壁に立てかけてあるなど、それぞれ工夫を凝らしたものに仕上がっている。 さらにロケハンを重ねていく中で、本木をはじめ、監督、主要スタッフ幾名かにより、葬儀関係者の協力を得て、ある民家で行われたリアルな納棺の現場を、静かに視察させていただいた。そして、そこにしかない特別な空気感を心の眼にも映しとった事が、作品への思いに自然と作用している。

|

« 観光用自転車使わない手はナイ! | トップページ | 「おくりびと」ロケ地と「天地人」縁の地… »

@計画」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「おくりびと」ロケ地をレンタサイクリングで:

« 観光用自転車使わない手はナイ! | トップページ | 「おくりびと」ロケ地と「天地人」縁の地… »