« サイクリングターミナルについて | トップページ | 日本経済新聞 自転車道ランキング »

2009-02-07

「自転車少年団」予算?

2009年2月7日 読売新聞より引用

県は新年度予算で、既存事業を大胆に見直し、経費節減を強化した。その結果、146件が廃止・休止され、363件が縮小されることになった。県は具 体的な事業名は公表していないが、読売新聞の取材では、毎年夏に県庁前広場で開かれてきた「上州の夏祭り」や、小中学生による「ぐんま自転車少年団」な ど、好評だった事業にも予算が付いておらず、関係者からは惜しむ声が上がっている。

 上州の夏祭りは1999年に始まった。当時の小寺弘之知事が「盆踊りで新しい県庁舎に親しんでもらおう」と提案し、県民有志で作る実行委員会が主催した。大沢知事当選後は、「地域の祭りは地域でやれば良い」との方針のもとで、見直しが検討されていた。

 10回目だった昨年は、6万人が来場。かつて実行委員長を務め、長くこのイベントに携わってきた酒井亮介さん(36)は、「自慢の祭りを披露しようと地域の人も盛り上がった。過疎化した町を活性化させる効果はあった」と寂しそうに語った。

 自転車少年団は応募した小中学生が千葉県のディズニーランドまで約180キロを自転車で走るイベント。2年目となる昨年は32人が参加し、全員が 完走した。事業費は320万円だった。担当の道路企画管理課は「まだやらないと決まったわけではない」としているが、予算がつかなかったことに、団長の西 薗大実・群馬大准教授(52)は、「県から今年はどうなるかわからないと聞いていたが、残念としか言いようがない。子どもたちにとって、夢のある企画だっ た」と語った。

2009年2月7日  読売新聞)

事業費は320万円で思ったより費用がかかるものだなと思いましたが、予算がつかなかったと言うことは、県にとってあまり魅力の無い企画イベントのようである。

平成20年度の募集サイトです.

『 ぐんま自転車少年団2008』団員募集


-東京ディズニーランドへ行こう!自転車で-

「ぐんまの子どもたちの元気!」を全国に向けて発信してくれる仲間を募集します!
「ぐんま自転車少年団」は群馬から自転車を使って、地球環境のために自転車を利用することの大切さや沿線の自然環境の大切さなどを学びながら、東京ディズニーランドを目指します。

◆応募資格  群馬県内に在住の小学校5年生~中学校3年生

◆実施日    平成20年11月1日(土)~3日(月)2泊3日(群馬~東京ディズニーランド  総走行距離:約180km)

◆募集人数  40名程度。
         個人で応募して下さい。

◆募集期間 平成20年7月1日(火)~8月27日(水)

◆募集チラシの配布場所    ☆県庁県民センター、各行政事務所、各土木事務所 ☆各市町村窓口 ☆県庁ホームページ

◆ 実施主体  今回の取り組みは、県と、ボランティア団体(サイクルツアー応援隊)とで組織したぐんま自転車少年団実行委員会が行います。なお、サイクルツアー応援隊は、自転車利用を進めることの必要性を、いろいろな取り組みにより情報発信し、自転車利用を県民の力で押し進めていくための組織です。


<関連リンク>

 

ぐんま自転車少年団2008!11月1日出発!180kmを自転車で!より引用


「ぐんま自転車少年団」は、地球環境のために自転車を利用することの大切さ・沿線の自然環境の大切さなどを学び、そのことを多くの人に発信するため、ぐんまを自転車で出発し、東京ディズニーランドを目指します。

1.開催日程 平成20年11月1日(土)~3日(月) 2泊3日
 (群馬県庁~東京ディズニーランド)
 県庁で出発式(11月1日(土)午前7時40分~8時)

2.団員年齢及び人数等
 ◇団員年齢:小学校5年生~中学校3年生
 ◇団員人数:32人
 ◇採用方法:77名の応募があり、公開抽選・テスト走行後に団員を決定しました。

3.開催(本番)の概要
(1)本番のコース
    下記のとおり(総走行距離=約180km)
(2)子どもたちの学習メニュー
 1.コース上での学習ポイント
    1日目:◆赤岩渡船 ◆利根大堰  2日目:◆わたらせ自然館 ◆関宿城博物館
 2.宿での学習会
  1泊目:★環境と自転車の学習会  2泊目:★スポーツ障害の学習会
(3)その他
   本番3日間を通じてFMぐんま大門アナが同行レポートします。(1日2回中継予定)

4.主催者
◇主催:ぐんま自転車少年団実行委員会 ◇後援:群馬県
  ※今回の取り組みは、ボランティア団体(サイクルツアー応援隊)を主体として組織 された「ぐんま自転車少年団実行委員会」が行います。サイクルツアー応援隊は、自転車利用を進めることの必要性を、いろいろな取り組みにより情報発信し、自 転車利用を県民の力で押し進めていくための組織です。

本番のコース(概略)

【1日目(11月1日(土))の行程】   ※自転車走行距離:約76km
   県庁~<利根川自転車道>~坂東大橋~<高崎伊勢崎自転車道>~島村渡し公園~<利根川左岸堤防>~刀水橋~<利根川自転車道>~赤岩の渡し船に乗船~<利根川自転車道>~昭和橋~<利根川左岸堤防>~<一般道>~宿:館林市

【2日目(11月2日(日))の行程】   ※自転車走行距離:約78km
   宿~<一般道>~渡良瀬遊水池~三国橋~<利根川左岸堤防>~新利根川橋~関宿城博物館~<江戸川サイクリングロード>~関宿橋~<江戸川サイクリングロード>~流山橋~松戸市~宿:松戸市

【3日目(11月3日(月))の行程】     ※自転車走行距離:約26km
  宿~<江戸川サイクリングロード>~寅さん記念館~<江戸川サイクリングロード>~<舞浜大橋>~東京ディズニーランド~東京ディズニーランド見学~東京ディズニーランド~バス~県庁到着~解散

|

« サイクリングターミナルについて | トップページ | 日本経済新聞 自転車道ランキング »

@イベント」カテゴリの記事

その他」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「自転車少年団」予算?:

« サイクリングターミナルについて | トップページ | 日本経済新聞 自転車道ランキング »