« ヘルメットの必要性 | トップページ | 冬だから頑張る! »

2008-11-14

法律の「自転車道の通行区分」について

 法律では、以下のように「自転車道が設けられている道路においては」と明記されているが、何時頃から「自転車道」はあったのだろうか?何時頃から積極的に建設したのだろうか?疑問をよぎる。

(自転車道の通行区分)
第六十三条の三  車体の大きさ及び構造が内閣府令で定める基準に適合する二輪又は三輪の自転車で、他の車両を牽引していないもの(以下この節において「普通自転車」という。)は、自転車道が設けられている道路においては、自転車道以外の車道を横断する場 合及び道路の状況その他の事情によりやむを得ない場合を除き、自転車道を通行しなければならない。
   (罰則 第百二十一条第一項第五号)

法律の内容は、以下のサイト探すと出てきます。
電子政府の総合窓口法令データ提供システムで検索する

|

« ヘルメットの必要性 | トップページ | 冬だから頑張る! »

@ニュース」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 法律の「自転車道の通行区分」について:

« ヘルメットの必要性 | トップページ | 冬だから頑張る! »