« 自転車の安全運転? | トップページ | 自転車安全運転のつづき »

2008-11-28

米国へ渡航される皆様へ

 海外旅行に全く関係ない自分ではあるが、米国へ渡航される方には便利だけど面倒な手続きが増えたようです。 何時発表されたのか知りませんでした、国土交通省のホームページを見なければ知らなかったでしょう、もう2008年8月1日以降から任意申請はスタートしていて2009年1月12日以降は申請する事のようだがニュースでは殆ど聞いてませんでした。
 とにかく米国へ渡航される方は、なるべく早く申告を済ませておく方が良いでしょう。
申告前にESTA画面ヘルプを閲覧をおすすめします。

以下に 国土交通省米国へ渡航される皆様へより引用文あり



ESTA認証取得が義務化
~平成21年1月12日より米国渡航者を対象~
    米国政府より、電子渡航認証システム(Electronic System for Travel Authorization、以下ESTA)について、概要以下のとおりの発表がありました。米国へ渡航予定のある方は、できるだけ早めにESTAに申請し電子渡航認証を受けるようお願いします。

【概要】
 米国政府は、2008年8月1日以降、日本を含む短期滞在査証免除対象国(欧州諸国等27か国)の国民が査証免除対象者として米国に渡航する場合、事前にインターネットを通じて、渡航者の身分事項等に関する情報を米国当局に通報することにより、査証免除で渡航できるか否かチェックを受けるシステムを導入しました。当面は、任意申請ですが、渡航の必要条件となる2009年1月12日以降は、渡航72時間前までに申請を行うよう勧めており、仮に認証が拒否された場合には、米国大使館・総領事館にて査証を申請・取得していない限り、航空機等への搭乗や入国を拒否されます。

 ESTAは、一度認証されると2年間(2年以内にパスポートの期限が切れる場合は、パスポートの有効期限日まで)有効となり、その期間内は査証免除の対象となる渡航であれば、何度でも米国への渡航が可能です。申請は、専用のウェブサイトhttps://esta.cbp.dhs.gov/より行い、回答はほぼ即座になされます。料金は無料です。

【参考情報】
 本件についての、詳細及び最新情報は以下のウェブサイトなどでご確認下さい。
在京米国大使館 (日本語)http://japan.usembassy.gov/j/visa/tvisaj-esta2008.html
米国国土安全保障省(英語)http://www.dhs.gov/xnews/releases/pr_1212501117599.shtm
外務省(日本語)http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/us_esta.html
観光庁(日本語) http://www.mlit.go.jp/kankocho/topics06_000005.html


|

« 自転車の安全運転? | トップページ | 自転車安全運転のつづき »

その他」カテゴリの記事